Close
Oripura-Top-Logo

デザインストーリー

私たちは、ワークプレイスのエルゴノミクスに関するリーダーです。ですので、ワークプレイスの定義そのものが常に進化していることを理解しています。

オフィスがなくなり、フレキシブルで移動型の働き方が増えたことで、ラップトップの使用が増えています。しかし私たちの調査によると、ラップトップの使用は便利ですが、快適とは言えませんでした。市場の様々なラップトップスタンドは、設置が複雑で、ラップトップを適切な高さに容易に調整するものではありません。また、ラップトップモニターの開き角度に限界があることを考慮していないものも多く、高い位置で使用する場合には実用的ではありませんでした。
私たちは、どこで仕事をしていても、人間工学に基づいた姿勢でラップトップを使えるようなスタンドをデザインしたいと考えました。私たちは、人々のラップトップの使い方を変えたいと考えました。

プロセス
他のラップトップスタンドが抱えていたセットアップの難しさを解決するために、私たちはリビングヒンジの採用を検討しました。このフレキシブルなヒンジは、接続するパーツと同じ素材でできています。組み立てが簡単なだけでなく、部品の数も最小限に抑えることができます。
1回の動作でスタンドを組み立てられるようにするために1つの部品で製造すること、これが非常に困難でした。一般的にリビングヒンジの強度や特性は射出成形によって決められるため、私たちのデザインに合わせた試作品を作ることは困難でした。

そこで、まずカード型モデルを作りました。簡単に作ることができるので、何度も失敗して学び、新しいコンセプトを生み出すことができました。次の段階では、スポンジ型ボードを使ってより洗練されたプロトタイプを作り、最終製品の機能をより明確にしました。また、私たちはユーザーエクスペリエンスを念頭に置いてデザインしているので、途中で人々にサンプルを試してもらい、アイデアを洗練させていきました。

デザインが決まると、今度は素材や工程を変えて、どのように製造するかを検討し始めました。そこで私たちは、3Dプリントと機械加工でさらに多くの試作品を作りました。
最終的には、ヒンジの小さなパーツを射出成形して、最終的なスタンドの性能がより正確に伝わるようにさまざまな試験装置を作りました。しかし、射出成形を使うことには課題もありました。ヒンジが薄すぎて、壊れてしまう可能性があるのです。また厚すぎると、意図した通りに開かないことが考えられます。正しい素材の正しいバランスを見つけることが重要でした。
Sketches-Oripura
Oripura-proto-02
答え

試行錯誤し、何度もテストをし、デザインを重ねました。そしてついに、100%リサイクル可能な世界初の折りたたみ式ラップトップスタンド「Oripura」を開発しました。
あらゆる種類の製品を試し、人間工学に基づいたテストする中で、私たちはオリプラの環境面での利点にも注目していました。簡単に組み立てられるデザインのため、イギリスでの製造を続けることができ、輸送時の二酸化炭素排出量を削減することができました。さらに環境への影響を減らすため、私たちは長い耐久性を目指してデザインしました。オリプラは5年間の保証付きで、何千回もの使用に耐えられるようテストされています。オリプラは2つの異なる素材を重ね合わせて成形されていますが、どちらも同じポリオレフィンでできているため、寿命が来ても分解せずにリサイクルすることができます。また、パッケージも100%リサイクル可能です。
重要なのは、オリプラは人間工学的にも環境的にも優れていることです。オリプラは持ち運びができ、設置も簡単で、価格も手ごろなので、どこにいてもエルゴノミックにラップトップを使うことができます。

Oripura – Laptop Stand