「作業環境における人々の 効率に関する学問。」

ギリシャ語:Ergon(エルゴン:仕事や労働という意味)Nomoi (ノモイ:自然法という意味)

もう少し掘り下げると、人間工学とは人間による使用のために設計された製品の改良と最適化、および製品、プロセスおよびシステムの設計にまつわる身体的・精神的原則の応用のことです。私たち (CBS) にとって、このことは、人々と製品との間の関わり合いに特定の焦点を当てて生産性および安全性を向上させながら人間が感じる不快感を緩和することを意味しています。

人間工学は科学であるとみなされています
今日私たちが知っている人間工学研究が最初に行われたのは第二次世界大戦中でした。
最初の研究では、この時点までの飛行機事故の多くは回避可能で、事故の原因は不合理で粗悪なコックピット設計によるものであったとわかりました。設計者らはその後これらの研究結果を使用してパイロットがどのようにコックピット内の制御装置等を扱っていたのかを調べてより直感的で簡単な操作性に目を向けました。 人間工学は、人間が行うことすべてを含めた研究へと拡大していきました。これはまさしく人間中心の設計の始まりにです。 ですから私たちが技術に従うする代わりに、技術に私たちに従ってもらいます。

ひとりひとり違います
1960 年代のコンピュータ機器の開発にともない、人間工学は人間が行うことすべてを含めた研究へと拡大していきました。
すべての人体が同じわけではありません。ワークステーションでの快適度の評価において、例えば身長に基づいて決して理想的な位置を一般かすべきではありません。
母集団の中で人々の特定の測定値が異なることへの理解を促進するために、人体計測研究が利用されています。 職場での人体工学の大きな問題は、より人体工学を考慮するオフィス家具業界が、総じて人体工学への配慮が低い技術サプライヤーと実質的なビジネス関係をほとんど持っていないことです。このことが、デスクで IT 機器を使用して業務を行うことを求められる人にとっての人体工学的な不整合という結果に繋がります。 良好な人間工学設計は次に対する理解を意味します:ユーザー、機器および環境を各個人に合うように適合させること。

記事

  •  

    モニターアームが重要な理由

  •  

    職場での心身の健全性