Ondo – Frequently Asked Questions

はい。Ondoモジュールを使用するには必ずドッキングステーションが必要です(ご希望のIT販売店で別途購入)。

OndoはFlo、Ollin、Limaのモニターアームのシングルデスククランプに対応します。

はい。Ondoは、シングルクランプで使用する場合には、すでに取り付けているFloとOllin、またLimaモニターアームのポストクランプアタッチメントに後付けできます。

いいえ。Ondoはシングルクランプのみに対応します。Ondoはデュアルクランプ、デスクを通す取り付け、グロメットマウント、ウィッシュボーン支柱マウントには対応しません。

いいえ。OndoはFlo ModularのWishbone支柱マウントには対応しません。

いいえ。OndoはFlo Plusのクランプマウントには対応しません

OndoはCBSのFlo、Ollin、Limaのモニターアームのデスククランプに統合します。その他のモニターアームには対応しません。

いいえ。Ondoはグロメットマウントによる取り付けには対応していません

Ondoの事前配線済みの接続ケーブルには、2つのUSB-A接続と2つのUSB-C接続が装備されています。そのため、OndoはUSB-AやUSB-Cのユーザー接続ポートのあるすべてのドックに対応できます。使用できる接続ポートの数はドックによって異なります。

はい。Ondoを動作させるために、すべてのポートに接続する必要はありません。Ondoモジュールとお持ちのドッキングステーションの両方で使用できるポートに接続できます。Ondoモジュールの接続されていないポートは、ゴム製のブランクプラグを使用して塞いで、接続されているポートをわかりやすくできます。

使用可能な処理と伝送の速度は、接続しているドックの仕様によって異なります。

いいえ。ドッキングステーションに付属のソフトウェアのみが必要です。

その可能性はほとんどありません。Ondoは完全に「パッシブ」に取り付けられます。電源はなく、電子的な処理も行われません。ノートパソコンドックの既存の接続ポートをより便利な場所に延長するだけなので、既存のITシステムに影響する可能性はほとんどありません。

Ondoモジュールには長さ1.3メートルのケーブルが付属しています。十分な長さのあるケーブルで、ワークステーションの反対側の端や高さ調整可能なワークステーションの低いケーブルトレイなど、Ondoは離れた場所にあるドックに接続できます。

はい。Ondoのケーブルには1.3メートルの十分な長さのあるで、ドッキングステーションが作業面から離れた低いケーブルトレイにある場合でも、高さが調整可能なデスクに問題なく使用できます。

別の提案:オプションのOndoノートパソコンケーブル(ドックの既存のノートパソコンケーブルの長さが十分でない場合に延長する)は長さが1メートルで、片方の端にメスのUSB-Cコネクタ、もう一方の端にオスのUSB-Cコネクタがあります。

はい。Ondoは、USB-Aコネクタを使用してノートパソコンに接続するドッキングステーションにも対応します。これに延長ケーブルが必要な場合、CBSではUSB-Cの延長ケーブルのみを提供しているので、別途用意する必要があります。

はい。Ondoは通常フル機能のUSB接続(電源と通信)に使用されますが、対応するデスク下USB充電ソケットから電源を送信するためにも使用できます。

いいえ。Ondoにはオーディオジャックソケットの機能はありません。USBポートは最も便利で、最も広く使用されているため、すでに多くの人がUSBヘッドフォンやヘッドセットを使用しています。

ただし、ご使用のノートパソコンがノートパソコンの接続ケーブルでドックに接続されている場合は、Ondoにジャックソケットがない場合でも、オーディオジャックをノートパソコンのソケットに差し込めば、便利なデスクトップ接続が可能になります。

はい。デスクの下にケーブルトレイがない場合(またはケーブルトレイにノートパソコンドックを置きたくない場合)、別の小型のデバイスホルダーでドックを取り付けることができます。マウントにはCBSのLoop Micro Device Mountをお勧めします。

はい。このような場合にOndoが最適です。OndoをCBSモニターアームに取り付け、ドックのユーザーポートに接続します。これで、ドック(および見苦しいケーブル)をデスク下に隠すことができます。

ただしドックを引き続き作業面に置きたい場合は、ご使用のシステムにOndoを追加するメリットはあまりありません。

はい。ケーブルの長さがデスク下からデスク上に届くのに十分な場合は、Ondoモジュールには専用の付属ケーブル(最大直径6mm)を使用して、ケーブルをユニットを「通す」オプションがあります。