健やかで活動的なライフスタイルがもたらす利点への認識が広がるなかで、心身の健康を促進する職場というものへの要望が高まっています。
1 日の中で多くの時間を仕事を行う場所で過ごしますので、心身の健康を促進する空間が既存およびこれからの従業員への重要な考慮事項になりつつあります。

筋骨格系の負傷および長時間座ったまま行う行為の影響を低減するために、人間工学に基づいた家具の採用や心身の健全性のイニシアチブの実施の必要性がこれまで以上に大きくなっています。個人、また会社が、例えばシット&スタンド・デスクワークのような新しい就業スタイルおよび新オフィス家具ソリューションを取り入れ始めるようになると、人と人が利用する技術との繋がりが容易に忘れることが可能になります。

職場での心身の健全性 – 典拠

1. Source: Macfarlane, G.J., Thomas, E., Croft, P.R., Papageorgiou, A.C., Jayson, M.I., Silman, A.J., 1999. ‘Predictors of early improvement in low back pain amongst consulters to general practice: the influence of pre-morbid and episode-related factors’. Pain, Pain 80, 113-9. 2. Source: Health and Safety Executive; Working Days Lost.  3. Source: iPad generation sees a huge rise in back and neck pain. The Telegraph, April 2015. 4. Source: ‘Tear Your Eyes Away From the Computer’. New York Times: 05/31/2016. 5. Source: iPad generation sees a huge rise in back and neck pain. The Telegraph, April 2015. 6. Source: Schneider 1998. 7. Source: ‘iPad generation sees a huge rise in back and neck pain’. The Telegraph, April 2015 . 8. Source: Buckle 1999. 9. Source: ‘Millennial Careers: 20/20 Vision.’ Manpower Group – www.manpowergroup.com/wps/wcm/connect/660ebf65-144c-489e-975c-9f838294c237

記事

  •  

    人間工学(エルゴノミクス)とは

  •  

    モニターアームが重要な理由