モニターアームの使用は使用者に多くの利点を提供し、またモニターアームは単にデスクからスクリーンを浮かして縦配置/横配置に回転できるようにするためのソリューションではありません。

モニターを調節できなければ、自分たちの姿勢をモニター画面の位置に合わせてしまいます。背中が丸まります。首を伸ばします。パソコンを使用することが多い役職においては、長時間この体勢でいます。これが結果として、目、首および背中への負担となり、それが筋骨格障害を招き、休職を余儀なくされ、最終的には生産性の損失に繋がります。
ここで調節可能なモニターアームが重要なカギとなります。モニターの高さ、距離、角度が調節できるということは、技術を、使用者の特有の要件に合わせて調節できるということを意味します。目や首、背中への負担の発生を低減します。
筋骨格系の負傷および長時間座ったままで行う行為の影響を低減するために、人間工学に基づいた家具の採用や心身の健全性のイニシアチブの実施の必要性がこれまで以上に大きくなっています。個人、また会社が、例えばシット&スタンド・デスクワークのような新しい就業スタイルおよび新オフィス家具ソリューションを取り入れ始めるようになると、人と人が利用する技術との繋がりを容易に忘れることが可能になります。

弊社の役に立つビジュアルディスプレイ設置ガイドをダウンロードしてください

健康的な作業姿勢を維持し、人体工学への投資をフル活用しましょう。

Visual-Display-Icon

ダウンロード PDF

 

あなたとあなたのチームに適したモニターアームの選択。

健康的な作業姿勢を維持し、人体工学への投資をフル活用しましょう。

記事

  •  

    人間工学(エルゴノミクス)とは

  •  

    職場での心身の健全性